冷え性を改善したいなら保温効果が高い食品を選ぼう

冷え性をそのまま放置していると、血行が滞って顔色が悪くなります。

また、ダイエットをしても痩せにくくなりますので、早めに解消することが大事です。
もしも冷え性を確実に治したいなら、食品の選び方に注意すべきです。

まずは、保温効果が高い食品を摂取するようにしましょう。おすすめしたい食品は、ネギやニラなど、匂いが強い野菜です。

地方名産品の有益情報にあふれているサイトです。

体を温める作用がありますので、冷え性の治療にぴったりです。

特に、空気が乾燥して気温が低くなる秋から冬にかけて、ネギやニラを食べると効果的です。味噌汁や鍋料理に入れれば、よりいっそう体が温まります。

また、低カロリーのタンパク質も冷え性の改善に役立つ食品です。


なぜなら、タンパク質をしっかり摂取しないと、筋肉が身につかないからです。
筋肉がついていると新陳代謝が活発になり、熱を出して体が温まります。



ただし、脂肪が多い肉類は避けましょう。

鶏の胸肉や魚、大豆製品など、カロリーが低くて良質のタンパク質が最適です。

豆乳を入れた胸肉のシチューや、サンマのつみれ汁は効果があります。
さらに、ショウガやニンンクも有効な食品です。

T-SITEの様々な情報を掲載しています。

けれど、そのまま食べることには抵抗がある方が多いので、スパイスとして活用する方法がおすすめです。ショウガやニンニクをすりおろして、汁物や煮物の隠し味にすると、風味が増しますので食欲が出ます。

尚、すりおろしたショウガを紅茶に入れて飲むと体が温まりますので、常備しておくと便利です。